人類最古の鉄加工技術"鋳物"は、未来へと繋がっています

金属の利用と時を同じくして始まった、数千年に及ぶ鋳造の歴史。
かつて仏像や刀剣づくりに用いられた最古の知恵は、数多の匠によって継承され、最先端の自動車や機械など、日本の基幹産業を支える技術へと成長しています。

大正時代に始まる森田鋳工の歴史は、およそ1世紀。
鋳造の歴史に比べればわずかですが、私たちの技術に対する思いは先人の匠たちとなんら変わることはありません。

鋳造の豊かな可能性を信じ、変わりゆくもの造りをいつまでも支えていきたい。
森田鋳工100年を通して変わらぬ願いです。

ごあいさつ

日頃は、皆様の一方ならぬご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。
日本には、創業百年に至る老舗企業が十万社以上あるといわれています。

私たち森田鋳工株式会社も、激動の時代を皆様方と共に歩み、"鋳物の老舗"といってもいい齢を迎えることができました。

私たちはこの歴史を大きな財産とし、製造業の足腰を支える鋳物産業の一員としての重責を忘れず、優秀な製品の安定供給に向け全力を傾けいく所存です。
どうぞ、森田鋳工の次の100年にご期待ください。これからも、より一層のご支援、ご指導を賜わりますようお願い申し上げます。

森田鋳工株式会社
代表取締役社長
森田 政男

会社概要

社名 森田鋳工株式会社
本社・工場 〒143-0003
東京都大田区京浜島 2-19-1
電話 (03)3790-2131[代表]
FAX (03)3790-2134
Mail Address ca-morita-j@nifty.com
ca-morita@nifty.com(データ室)
代表者 取締役社長 森田政男
資本金 5,000万円
創業 大正4年4月1日
設立 昭和15年12月27日
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 蒲田駅前支店
商工組合中央金庫 京浜島出張所
三井住友銀行 大森支店
従業員数 65名
工場敷地 4,495m2

営業品目

材質
  • 普通鋳鉄(FC150〜FC350)
  • 強靭鋳鉄(FCD500〜FCD700)
  • 合金鋳鉄(GM241,MSH700 他)
製品
  • プレス金型用鋳物及び模型(FM法)
  • 工作機械・一般産業用鋳物及び模型(FM法)
  • クレン検査用ウエイト 他

100年に及ぶ歴史を銘(しる)し、さらなる成長の足がかりとします。

森田鋳工は、いまからほぼ1世紀前の大正4年(1915年)、東京の西新宿で創業しました。

二代目社長である森田茂が、創業者・森田正造の口癖として子供たちに伝えた言葉は、

「鋳物を口で吹くな。一流をめざせ」というもの。

ものづくりの"技"を大切にし、最高の品質を追求する森田鋳工の精神は、
この時代から培われ、現在まで連綿と受け継がれています。

会社沿革

大正 4年 4月 新宿区西新宿にて森田正造 創立
昭和 11年 7月 工場拡張により大田区南六郷に移転
15年 12月 森田鋳工(株)として改組。代表取締役 森田正造
20年 4月 戦災にて工場焼失
23年 1月 大田区南六郷にて再建操業
33年 4月 代表取締役 森田 茂
8月 業務拡張による工場新築、並びに設備の近代化を計る
53年 4月 公害防止並びに設備の近代化の目的で、城南鋳物団地協同組合の集団移転の第一陣として移転完了
61年 12月 模型製作部門開設。塗型工場新築
平成 3年 4月 創立75周年を期して、代表取締役 森田 晃正
6年 11月 通産省より日本工業規格(JIS)表示の許可を受ける
7年 4月 創立80周年
8年 12月 NCマシンによる模型の総切削開始
14年 1月 代表取締役 森田 政男
16年 12月 ISO 9001:2000取得
18年 2月 大田区「優工場」に認定される
19年 2月 日本工業規格(新JISマーク制度)の認証を受ける
27年 4月 創立100周年を迎える
  • プレス全型用鋳物
  • 工作機械用鋳物

ご相談・お問い合わせはお気軽に
tel.03-3790-2121
各種ご要望・ご注文に細かく対応いたします

森田鋳工株式会社
〒143-0003
東京都大田区京浜島2-19-1
TEL.03-3790-2131
FAX.03-3790-2134

  • ISO9001
  • JIS